実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME

1.微生物の放射線抵抗性

柴崎勲「放射線殺菌技術の話題」製薬工業Vol.5,No.7,1985
微生物 106個以下にする為に必要な線量(kGy)
グラム陰性菌
 Escherichia coli  <0.5〜 3.0
 Proteus vulgaris  <0.5〜 1.5
 Salmonella typhi  <0.5〜 5.0
 Shigella dysenteriae  2.0〜 3.0
 Pseudomonas aeruginosa  <0.5〜 2.0
グラム陽性菌
 Bacillus subtilis  10.0〜 20.0
 Baci.cereus胞子  20.5〜 30.0
 Crostridium perfringens胞子  20.0〜 30.0
 Staphylococcus aureus  <0.5〜 5.0
 Micrococcus radiodurans  >30.0
カビ
 Aspergillus niger  3.0〜 5.0
 Asp.flavus  2.0〜 3.0
 Penicillum notatum  1.5〜 2.0
酵母
 Candida albicans  7.0〜 10.0
 Can.Krusei  10.0〜 20.0


2.放射線耐性菌の滅菌に必要な照射線量



齊藤宗雄「放射線滅菌飼料の無菌・SPF動物飼料への応用」放射線と産業No.24,1984
試験群 処理 Co60γ線の照射線量(kGy)
未照射 10 20 30 40 50 60
耐性菌注入群 M 26/40 18/40 1/40 0/40 0/40
M+B 25/50 8/50 0/50 0/50
B 0/40 0/40 0/40
コントロ−ル 未処理 50/50 8/50 0/50 0/50 0/50 0/50 0/50
 
M=Micrococcus radiodurans (放射線耐性菌)
 B=Bacillus cereus (放射線耐性菌)
表中の数値は、生残菌を認めたサンプル数/被検サンプル数を示す。
耐性菌注入群はCL-2飼料のペレット中心部にφ2mmの穴を開け、各々の菌体を注入。



3.製品の無菌検査成績



 Germ freeおよびSPF動物用の各照射線量につきランダムに製品を抜き取り、好気性菌・嫌気性菌おび真菌の培養による無菌検査を実施致しましたが全例陰性でした。

  '87 '88 '89 '90 '91 '92 '93 '94 '95 合 計
50kGy 0/ 5 0/ 6 0/ 4 0/ 5 0/ 7 0/ 4 0/ 0 0/ 3 0/ 1 0/ 35
30kGy 0/33 0/62 0/80 0/62 0/75 0/54 0/36 0/73 0/78 0/553
20kGy 0/ 8 0/14 0/15 0/17 0/15 0/17 0/ 8 0/21 0/16 0/131