実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 Jcl:SD
 
  Wisconsin大学(USA)R.W.Dawleyが、大型のHoodedのオスラットとWistar系を起源とする雑種のアルビノのメスラットを交配し、SD系の基礎となるラットを確立したといわれています。そのラットは作出者Dawleyの妻の旧姓SpragueをとってSprague Dawleyと命名したというエピソードがあります。Charles River(USA)から日本クレア(株)に導入され、生産供給を開始しました。その間に、下記のように呼び名が変わり現在に至っています。
  • SD-JCL(供給開始〜1971年)
  • JCL:SD(1972年〜1980年);日本実験動物協会の取り決めによる変更
  • Jcl:SD(1981年〜現在);国際登録による変更
 
 大型で温順なアルビノラットです。
 
安全性試験を始め薬理・毒性・生化学・栄養・その他幅広い研究分野に使用されている汎用系統(General purpose)ラットです。