実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 

系統名 n 日齢分布(%で示す) 平均日齢
Mean +/- SD
27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 40 42 43
Jcl:SD 100 - - 2 5 0 12 21 13 12 19 8 0 6 1 1 * * 34.4 +/- 2.1
Jcl:Wistar 40 - - 5 0 8 0 8 10 12 23 10 5 12 0 2 5 * 35.7 +/- 3.1
F344/Jcl 20 - - - - - - - 5 15 25 10 20 10 15 * * * 37.2 +/- 1.8


 

VからW型移行期
系統名 n 日齢分布(%で示す) 平均日齢
Mean +/- SD
平均体重
Mean +/- SD
33 34 35 36 37 38 39 40 41 42
Jcl:SD 55 - 13 58 25 4 * * * * * 35.2 +/- 0.7 175.5 +/- 12.1
Jcl:Wistar 55 2 13 75 10 * * * * * * 34.9 +/- 0.6 121.3 +/- 6.0
F344/Jcl 30 - - - - - 33 30 30 7 * 39.1 +/- 1.0 88.6 +/- 4.0


WからU型移行期
系統名 n 日齢分布(%で示す) 平均日齢
Mean +/
- SD
平均体重
Mean +/
- SD
39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57
Jcl:SD 55 16 38 16 15 5 5 5 * * * * * * * * * * * * 40.9 +/
- 1.6
175.5 +/
- 12.1
Jcl:Wistar 55 - - 9 35 29 11 9 5 2 * * * * * * * * * * 43.0 +/
- 1.5
166.3 +/
- 8.0
F344/Jcl 30 - - - - - - - - - 7 13 10 13 10 7 13 4 10 13 52.5 +/
- 2.9
145.2 +/
- 11.9


 

系統名 n 妊娠日齢分布(%で示す) 平均日齢
Mean +/- SD
21 22 23 24
Jcl:SD 414 0.2 93.0 6.8 0.0 22.1 +/- 0.3
Jcl:Wistar 294 0.7 84.7 14.6 0.0 22.1 +/- 0.4
F344/Jcl 21 4.8 85.6 4.8 4.8 22.1 +/- 0.5


 

系統名 初 産 2産目
出産率
(%)
平均産仔数
(匹)
離乳率
(%)
出産率
(%)
平均産仔数
(匹)
離乳率
(%)
Jcl:SD 92.0 13.6 96.7 95.3 15.0 92.3
Jcl:Wistar 91.6 12.1 95.4 94.2 13.8 85.1
F344/Jcl 86.7 8.9 97.5 91.4 9.9 95.6
ACI/N Jcl* 81.6 6.7 93.6 - - -

出産率  :出産親数÷交配数×100
平均産仔数:出産仔数÷出産親数
離乳率  :離乳仔数÷出産仔数×100
*:1〜3産までを含む

 

部位 系統名 n 日齢分布(%で示す) 平均日齢
Mean +/- SD
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
耳介展開 Jcl:SD 133 - 90 8 2 * * * * * * * * * * * * * 2.1 +/- 0.4
Jcl:Wistar 100 - 85 11 4 * * * * * * * * * * * * * 2.2 +/- 0.5
F344/Jcl 80 - - 97 3 * * * * * * * * * * * * * 3.0 +/- 0.2
毛生 Jcl:SD 133 - - - - - - - - - 65 25 0 10 * * * * 10.6 +/- 0.9
Jcl:Wistar 100 - - - - - - - - - 3 26 46 25 * * * * 11.9 +/- 0.8
F344/Jcl 80 - - - - - - - - - 14 74 12 * * * * * 10.5 +/- 0.5
切歯萠出 Jcl:SD 100 - - - - - - - - - 55 15 0 30 * * * * 11.1 +/- 1.3
Jcl:Wistar 100 - - - - - - - - - 17 23 50 10 * * * * 11.5 +/- 0.9
F344/Jcl 80 - - - - - - - - - 40 43 17 * * * * * 10.8 +/- 0.7
眼瞼開裂 Jcl:SD 98 - - - - - - - - - - - - - 22 46 32 * 15.1 +/- 0.7
Jcl:Wistar 100 - - - - - - - - - - - - - 7 74 15 4 15.2 +/- 0.6
F344/Jcl 80 - - - - - - - - - - - - - - 50 39 11 15.6 +/- 0.7


 

系統名 交配数 平均胎仔数 Min.〜Max. 総胎仔数 平均胎仔体重g
Mean +/- SD
Min.〜Max. 平均母体重g
Mean +/- SD
Jcl:SD 19 14.5 8〜19 276 3.89 +/- 0.37 2.6〜4.6 415.0 +/- 30.4
Jcl:Wistar 20 13.6 8〜19 271 3.11 +/- 0.30 2.0〜3.9 334.9 +/- 25.1
F344/Jcl 10 7.6 2〜10 76 3.11 +/- 0.19 2.3〜3.5 226.0 +/- 15.2


 

系統名 0日齢(g) 7日齢(g) 14日齢(g) 21日齢(g)
Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n)
Jcl:SD 5.9 +/- 0.6 (135) 16.1 +/- 1.6 (100) 30.5 +/- 3.0 (98) 48.9 +/- 4.6 (98)
Jcl:Wistar 5.2 +/- 0.6 (101) 13.5 +/- 1.1 (100) 24.7 +/- 1.7 (100) 37.0 +/- 2.8 (100)
F344/Jcl 4.8 +/- 0.3 (55) 10.8 +/- 0.8 (48) 19.9 +/- 1.7 (48) 27.2 +/- 1.6 (20)



 

系統名 4〜6週齢(mm/Hg) 10〜16週齢(mm/Hg) 18〜21週齢(mm/Hg) 30〜35週齢(mm/Hg)
Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n) Mean +/- SD (n)
Jcl:SD オス 108.4 +/- 7.2 (6) 122.7 +/- 4.6 (3) 133.1 +/- 8.8 (3) 111.8 +/- 8.4 (3)
Jcl:Wistar オス 103.2 +/- 14.4 (6) 119.0 +/- 4.7 (3) 120.1 +/- 4.7 (3) 122.6 +/- 8.3 (3)
F344/Jcl オス 116.7 +/- 11.0 (3) 130.6 +/- 11.5 (6) 137.7 +/- 6.3 (3) 117.3 +/- 6.0 (3)
Jcl:SD メス 93.4 +/- 6.7 (6) 125.1 +/- 12.0 (3) 140.7 +/- 10.6 (3) 132.0 +/- 17.2 (3)
Jcl:Wistar メス 93.4 +/- 12.0 (6) 122.2 +/- 2.8 (3) 131.3 +/- 17.1 (3) 119.7 +/- 3.2 (3)
F344/Jcl メス 112.2 +/- 8.4 (3) 125.0 +/- 4.9 (3) 135.5 +/- 2.0 (3) 131.2 +/- 7.0 (3)


*Jcl:Wistarには、しばしば<紅涙:Chromodacryorrhea>が認められます。紅涙はマウス・ウサギ・モルモットには発現しないといわれていますが、カバなど水陸両棲の動物は<紅い汗>を出すといわれています。ラットにはアセチルコリンを投与したり、粘着テープの肉体拘束によっても30〜40分で紅涙が発現し体重が大きい個体ほど早いといわれます(1)。これらの紅涙は赤血球とは異なる物質で、ハーダー氏腺に由来するポルフィン体であることが確認され、実験処置によって発現する紅涙は、アトロピンによって阻止されることから、副交換神経を介する作用によるものと推定されます(2)。このように紅涙はラットの持つ生理的現象と思われますが、Jclラット各系統間ではWistar>SD>F344の順位で、その発現に系統差が見られます。このことは反面、Jcl:Wistarの優れた感受性の高さが示唆されていると思われます。

(1)Harkness JE, Ridgway MD. Chromodacryorrhea in laboratory rats (Rattus norvegicus): etiologic considerations. Lab Anim Sci. 1980;30(5):841-4.
(2)本間ら. ラット紅涙分分泌現象に関する研究. No.13. 日本実験動物学会講演要旨集 p.47, 1978