実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 C3H/HeJJcl*
 C3H/HeNJcl
 
 StrongがBaggのアルビノマウス(後にBALB)のメスとdba(後にDBA)のオスの交雑を行い、乳ガンの発症率の高い近交系としてC3H系が作出されました。その後Hestonに渡り維持されていた亜系C3H/Heを、ジャクソン研究所が導入してC3H/HeJとなり、NIHに導入された系統はC3H/HeNとなりました。
 C3H/HeJは1986年にジャクソン研究所からF187で当社に導入され、同年より生産・供給を開始し、さらに1989年にF196の動物を導入しました。また、C3H/HeNは1977年にNIHからF124で実験動物中央研究所(実中研)に導入された後、1979年より当社にて生産・供給を開始し、1989年に実中研からF124+31の動物を導入しました。

[凍結保存暦]
 C3H/HeJJcl:F206(F196+10),1992年2月凍結
 C3H/HeNJcl:F161(F124+31+6),1992年9月凍結

[2002年 8月時点の世代数]
 C3H/HeJJcl:F219(F196+23)
 C3H/HeNJcl:F174(F124+31+19)
 
 体毛は野生色(agouti)。各種の腫瘍多発系統として知られ、主にガン・免疫研究・放射線医学研究などに用いられています。エンドトキシンに対しては、C3H/HeJは抵抗性を示し、C3H/HeNは感受性を示します(唐沢ら、1990)。
 
ガン・免疫研究、放射線医学研究、発毛研究等の分野に使用されております。
 
*"This substrain is at least (a number>20 by definition) generations removed from the originating JAXR Mice strain and has NOT been re-infused with pedigreed stock from The Jackson Laboratory."