実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 SPF動物とは「特定された微生物や寄生虫が存在しない(Specific Pathogen Free)動物」と定義されています。日本クレアでは、実験への影響・ヒトへの影響・衛生管理のバロメーターの3つの観点から下記の微生物を特定して定期的に動物の微生物検査を行っております。
 また、これらSPFを維持するためのハードウェアやソフトウェアを総称する<Barrier System>で生産された動物を<BS動物>と呼んでいます。

日本クレアのマウス・ラットにおける微生物検査項目
培 養 検 査 ・ 項 目 検査頻度 分類 感染経路 症状
マウス ラット
Pasteurella pneumotropica
肺パスツレラ菌
細菌 経気道 肺炎
Bordetella bronchiseptica
気管支敗血症菌
× 細菌 経気道 肺炎
Corynebacterium kutscheri
ネズミコリネ菌
細菌 経口 腸炎・膿瘍
Streptococcus pneumoniae
肺炎連鎖球菌
× 細菌 経気道 肺炎
Salmonella spp.
サルモネラ菌
細菌 経口  
Citrobacter rodentium
腸粘膜肥厚症
× 細菌 経口 乳児性下痢
Mycoplasma pulmonis
肺マイコプラズマ
マイコプラズマ 経気道 肺炎
Dermatophytes
白癬菌
真菌 経皮 皮膚炎
Pseudomonas aeruginosa
緑膿菌
細菌 経口 日和見感染
Staphylococcus aureus ※2
黄色ブドウ球菌
細菌 経口・経皮 日和見感染

血 清 反 応 ・ 項 目 検査頻度 分類 感染経路 症状
マウス ラット
Sendai virus
センダイウイルス
ウイルス 経気道 肺炎
Mouse hepatitis virus
マウス肝炎ウイルス
× ウイルス 経気道 肺炎
Sialodacryoadenitis virus
唾液腺涙腺炎ウイルス(SDA)
× ウイルス 経口・気道 顎下腺涙腺炎
Ectromelia virus
エクトロメリアウイルス
× ウイルス 経皮・気道 痘瘡
Mycoplasma pulmonis
肺マイコプラズマ
マイコプラズマ 経気道 肺炎
Clostridium piliforme
ティザー菌
細菌 経口 腸炎肝壊死
Hantavirus
ハンタウイルス
ウイルス 経口・気道 腎症候性出血熱(ヒト)
Lymphocytic choriomeningitis virus
リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス
ウイルス 経口・胎盤 脈絡髄膜炎
Salmonella typhimurium ※1
ネズミチフス菌
細菌 経口 敗血症膿瘍
Corynebacterium kutscheri
ネズミコリネ菌
細菌 経口 腸炎・膿瘍
Pneumonia virus of mice
マウス肺炎ウイルス(PVM)
ウイルス 経気道 肺炎
Mouse encephalomyelitis virus
マウス脳脊髄炎ウイルス(GDZ)
ウイルス 経口・気道 脳髄膜炎
Kilham rat virus
キルハムラットウイルス(KRV)
× ウイルス 経口・胎盤 脳、肝壊死、胎仔死亡
H-1 virus
H-1ウイルス
× ウイルス 経口・胎盤 脳、肝壊死、胎仔死亡
Minute virus of mice
マウス微小ウイルス(MVM)
ウイルス 経口 細胞性免疫抑制
Mouse adenovirus(FL)
マウスアデノウイルス
ウイルス 経口  
Reovirus type3
レオウイルス3型
ウイルス 経口・気道 中枢神経疾患・肝炎
Epizootic diarrhea of infant mice (EDIM) virus (Rotavirus)
マウスロタウィルス
× ウイルス 経口・気道 下痢・削痩
Mouse cytomegalovirus
マウスサイトメガロウイルス
× ウイルス 経口・気道  
Cilia-associated respiratory (CAR) bacillus
カーバチルス
細菌 経気道 気管支肺炎

P C R ・ 項 目 検査頻度 分類 感染経路 症状
マウス ラット
Helicobacter hepaticus
ヘリコバクター ヘパティカス
細菌 経口 肝炎
Helicobacter bilis
ヘリコバクター ビリス
細菌 経口 肝炎
Pneumocystis murina ※2
ニューモシスチス ムリナ
× 真菌 経気道 日和見感染
Pneumocystis carinii ※2
ニューモシスチス カリニ
× 真菌 経気道 日和見感染

鏡 検 ・ 項 目 検査頻度 分類 感染経路 症状
マウス ラット
Giardia muris
ジアルジア
原虫 経口 下痢
Spironucleus muris
スピロヌクレウス
原虫 経口 下痢
Syphacia spp.
ネズミ盲腸蟯虫
蟯虫 経口  
Aspiculuris tetraptera
ネズミ大腸蟯虫
蟯虫 経口  
Ectoparasits
外部寄生虫
蟯虫 経口  
Intestinal protozoa
消化管内原虫
原虫 経口  
Pinworm
蟯虫
線虫 経口  

検査頻度
 ◎:毎月実施
 ◇:年10回実施
 ☆:年4回実施
 □:年2回実施
 △:年1回実施
※1:血清反応はS.thyphimurim、培養検査はS.spp.
※2:免疫不全モデル動物のみに実施
※その他:免疫不全動物の血清反応はモニター動物を使用 外部動物の受入検疫は、該当全項目を実施