実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 信頼性の高い試験結果を得るには、感染症のない動物を用いなければなりません。遺伝子組換え動物においても<物理的封じ込め>と<感染防御>は重要な二本柱となります。微生物学的背景の明確でないマウス・ラットは<微生物学的クリーニング>を実施の上、施設に導入することをおすすめします。クリーニングの方法は<自然交配→帝王切開>と<受精卵の卵管移植等、生殖工学技術>を用いた方法のいずれも可能ですので、事前にご相談下さい。
1,業務概略
手術用ビニールアイソレータ(VI)における子宮摘出および胎児摘出・蘇生後、小型および大型VI により里親保育を実施
必要に応じて、体外受精、卵管移植等生殖工学的手法を活用
生産用種動物作出の為の大規模クリーニングにも対応
無菌動物化へも対応
実施計画書および検査書を含む詳細な報告書を提出いたします
2,対象動物
免疫不全動物(マウス・ラット)
疾患モデル動物(マウス・ラット)
遺伝子操作動物(マウス)
その他のマウス・ラット系統