実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME
 各研究期間に於ける新規導入系統の増加に伴う研究施設の有効利用のため、マウス・ラットの生産では経験豊富な日本クレアのスタッフと飼育スペースをご利用下さい。生殖工学技術の進歩により効率的な維持・生産が可能です。
1,業務概略
小型および大型VI、またはBarrier System(BS)施設へ収容
繁殖成績およびライン図作成・報告
個体データ(体重、血糖値、血圧等)の収集、継代動物の選抜等による維持・継代
指定系統による交雑動物の作出
指定系統による系統化業務
生殖工学的手法を活用した、自然交配不可能な組合せによる動物の作出
バックアップとして、契約期間内における受精卵の採取・凍結処理を実施(個体発生試験を含む)
2,対象動物
遺伝子操作動物および疾患モデル動物を主体としたマウスおよびラット