実験動物実験動物用飼料関連器材・施設受託業務技術情報会社情報HOME

_  Physiogenex S.A.S. (仏)サービス NASHマウス・モデル .
 

    サービス名                         .
食餌誘導性 (DIN) NASHマウスモデル

    概要                           .
Physiogenex社独自開発の食餌誘導性 (DIN) NASHマウスモデル、ヒト類似肥満・インスリン抵抗性環境にてNASH薬効評価が可能です

    サービス説明                       .
Physiogenex独自開発の食餌誘導性NASHマウスモデルは高脂肪・高コレステロール食給餌に加え、更にフルクトースを飲水に添加。重度の肝障害、肥満、インスリン抵抗性を誘導します。結果、給餌開始から16週目で肝脂肪・肝細胞バルーニングを発現、25週齢で重度の肝合併症(炎症・線維化)を発症させます。

またNASHの関連作用薬となるFXRアゴニスト;オベチコール酸の投与により16週齢・25週齢各々で肥満、インスリン抵抗性、脂肪肝・バルーニングの低減が観察されます。

 抜粋データ↓ 詳細はお問合せ下さい。



この試験系はヒトNASHの病理組織学的特徴に類似した肥満・インスリン抵抗性をバックグラウンドとする、オベチコール酸を対照薬とした薬効評価試験を行う事が可能になります。

また、エラフィブラノール(Elafibranor (GFT505))も対照薬とした薬効評価データおよび学術論文(pdf)あり。
詳細はお問合せ下さい

    基本情報                         .
実施例:5群(n=10)構成
1群がコントロール、2~4群が試験化合物投与(投与量三段階)、5群が市販薬投与。



プロトコル概要:(詳細はお問合せ下さい)
8週齢雄マウスに5日間の順化期間
9週齢より高脂肪・高コレステロール食およびフルクトース添加水を給餌・給水
給餌・給水より6~7週間後(15~16週齢)にて血漿ALT/AST, HOMA-IR,体重を基にランダム化グループ別け。薬物投与開始
実施可能のパラメータ:
  血漿ALT・AST, HOMA-IR, 肝脂質, 遺伝子発現, 病理解析 (H&E, ORO, Sirius Red 染色) NAS スコアリング

    納期                           .
試験期間~ファイナルレポートまでおよそ6カ月

    実績例                          .
主な学術発表
発表 APASL 2016
(Poster presentation)
(2016年)
   
題名 P2Y13 receptor agonist CER-209, an antiatherosclerotic compound, decreases liver steatosis in vivo
ポスター (pdf)
発表 The Liver Meeting 2016 (2016年11月)
   
題名 Farnesoid X Receptor agonist Obeticholic Acid Improves both Liver Complications and Atherosclerosis in the Obese, Insulin Resistant, Diet-Induced NASH (DIN) Mouse. A Nutritional Model for Evaluating Drugs Affecting Non-Alcoholic Liver Diseases.
関連Webページ

    サービス・コンディション (契約書、保証、賠償、他)   .
Physiogenex社の典型的なサービス・コンディション例になります
契約書の雛形および保障・賠償条件例をご覧いただけます。
(※サービス特性に合わせて変更されます。御了承下さい)

マスターサービス同意書 (雛形)
保証・賠償条件説明書